ホーム > ブログ・ツイッター > 実優の占い物語

実優の占い物語

妹の精神疾患をきっかけに、大学で心理学を専攻し卒業しました。

しかし、大学で学ぶだけの心理学では家族や妹を助けることができませんでした。

そんな中、知人に塚脇先生を紹介され初めて四柱推命の鑑定を受け

人生の辛い時に希望を与えてくれたのが、四柱推命でした。

「私が求めていたものはこれだ!!」と強く感じ、塚脇先生と安東先生に師事、

安東先生の元で四柱推命鑑定師資格を取得しました。

四柱推命の鑑定師資格取得後、六壬神課の過程を終了しました。

 

四柱推命は古代中国で国を治めるために使われていた占術で学問です。

生年月日と生まれた時間から、個人の運命や運気を導き出します。

例えば、双子は全く同じ生年月日と生まれた時間ですが、運命は異なります。

同じ日に生まれていても、生まれた時間が変われば星が変わり、別の運命を持って生まれることになります。

生年月日から導き出された情報は、人生の流れや傾向を伝えてくれています。

その流れと傾向を知れば人生がより豊かに生き易くなりますし、

人生をシミュレーションでき、生きたい人生が生きられるようになる可能性が広がります。

私自身の経験からも、未来は変えられる事を実感し、この深さに魅了されました。

 

たとえ悪い運が巡っていても開運に導いていき、

人生を豊かにするお手伝いをさせて頂きたいと思っております。

 

現在は、福山市、三原市、尾道市、大阪市、他にて鑑定をしております。

福山市では、鑑定師4名共同で福山鑑定所(占いの館ばらのまち)をオープンしました。

四柱推命の見解を深めるために、月1回のプロ鑑定師が集まる勉強会に参加したり

海外の四柱推命事情を知りたいと思い、占いの本場と言われる台湾と香港へ行きました。

いろんな鑑定師に出会えたことも非常に勉強になりました。

私が思い描く鑑定師になるために、今後も精進していきたいと考えています。